iPhoneXで自撮り棒を使う

カメラ機能を搭載しているiPhoneXで自撮りを行う際に、一定の距離を取るのに手でやっていますとうまく撮影出来ない事が多々あります。

最近では、自撮り棒と呼ばれるスマートフォンを固定して、距離をある程度取って自撮りが出来る製品が発売されており、多くの観光客が使っています。


自撮り棒には、iPhoneXを遠隔操作してシャッターを押す事が出来る機能が備わっており、この機能を使う事で、自撮り棒に固定しているiPhoneXのシャッターを切る事が出来ます。

自撮り棒は、使用時にある程度場所を取りますので、周囲に迷惑を掛けないように使う事が大切です。


使い方によっては、自撮り棒は、iPhoneXで写真を撮影する時に重宝します。

自撮り棒は、一人旅の時に役立ちます。

一人旅の時には、写真を撮影しますと、風景写真ばかりになりがちですが、自撮り棒を使えば、撮影者本人の写真も撮影出来るようになりますので便利です。
近年では、インカメラの性能が向上していますので、アウトカメラのような使い方も可能になってきています。

iPhoneXで自撮り棒を使うメリットは高く、人だかりが出来ている場所で写真撮影をしたい時にも、高い所から撮影出来るようになりますので、撮影したい被写体の撮影が出来ます。



写真撮影だけでなく、動画撮影時にも使えますので、色々な場所で様々なアングルから写真や動画の撮影ができ、魅力的な作品作りを行っていく事が可能になります。

iPhoneXは、画期的なスマートフォンとして話題をさらっていきました。

今や大手3キャリアのどのキャリアでも取り扱いが行われ、日本では圧倒的なシェアを持った携帯電話です。
iPhoneXの魅力は、iOSの軽快な動作と直感的な操作です。

スマートフォンに慣れていない人でも、基本的な操作さえ覚えてしまえば後は比較的容易に他の作業を行うことができるということが利点です。



逆にiOSの欠点の一つとしては、アイコン画面のカスタマイズがあまりできないという点が挙げられます。



他社OSの場合、ガジェットと呼ばれるツールを画面に配置してリアルタイムに情報を確認できる機能があり、配置する場所やアイコンの大きさなども選択肢が多く、個人の使いやすいような配置がやりやすいという利点があります。

iPhoneXの場合には基本的にアイコンのみの配置となりますので、シンプルではありますが「待ち受け画面でいろんな情報を得られるようにしたい」という場合は、他社OSの方が使いやすいと感じる面があるかもしれません。

また最近の機種において役立つのはLightningケーブルの存在です。


Lightningケーブルは、これまで使用されていたDockコネクタの他、USBケーブルやmicroUSBケーブルと異なり、ケーブルの裏表を意識せずに使用できるという利点があります。
これまでのケーブルを裏返しにしてもそのまま使用できる、というイメージでしょうか。

スマートフォンはその機種はもちろん、基本ソフトとなるOSの違いでも大きく使い勝手が変わりますので、自分に合っているものをしっかりと検討し便利に使いこなしたいものです。