iPhoneXが水に浸かったら

iPhoneXはいつでも持ち歩くという方が多く、意外と多いのが水没です。
水たまりに落とした、トイレに落としたなど水没によって調子をくずす、または壊れてしまうiPhoneXがとても多いです。

中には雨の日に使っていたら壊れたという方も居るほどです。
iPhoneXはいわゆる生活防水なので雨程度であれば壊れないとは言われていますが、アップルの保証はありません。


基本的に水に濡れれば壊れると考えておくほうが良いです。iPhoneXが水に浸かってしまったり、雨で調子がおかしい時には直ぐに電源を切ることが大事です。

使えているからといって電源を入れっぱなしにするとショーとしたり、さらに故障を広げる原因となります。

電源を切ったあとは乾いた布でしっかりと水分を拭き取ります。このとき、ライトニング端子や充電端子、ヘッドホン端子はしっかりと拭き取ることが大事です。

その後、乾燥するのを待つことになりますが、見た目で水分がなくても中に侵入してしまっていれば乾くのには数日から1週間以上かかることが多いです。乾燥をしっかりするには風通しの良い場所が重要ですが、この他に米や乾燥剤を使う方法もあります。

米は吸収性が高いので湿気をすぐに吸いとってくれます。

乾燥剤の役目も果たしてくれますのでiPhoneXと一緒に袋に入れて2,3日おけば問題なく利用できるようになることが多いです。

この時、本体が見えない程度のいっぱいの乾燥剤や米を入れると効果が高いですiPhoneXは防水機能がないので水没すればほぼ故障します。

ただし、電源が入っていて、すぐに取り出したなら運がよければ故障せずにすむこともあります。

iPhoneXを見ずにつけてしまったらいくつかやっておきたいことがあります。



一つはすぐに取り出して電源を切ること。
電源が入っているとショートの原因になるので水から取り出したらすぐに電源を切ります。



また、電源を切ったらタオルなどでしっかりと見えている部分の水を取り除きます。

その後、風通しの良いところにおいて乾かすことになります。

iPhoneXが水に入ると内部まで浸水するのには時間がかかるのですが、使い方によってはすぐに水の侵入がある場合もあります。代用品がない場合には水分を拭き取ったらショップやアップルストアに持ち込んで確認してもらうのが重要です。
ただし、水没は保証対象外なので実費がかかります。もし、持ち込む前に自分でやれることをやっておきたいということなら、乾燥を強化することで水分を取り除いてiPhoneXが復活することもあります。
水分を取り除くには2つの方法があります。一つは100均ストアなどで販売されている乾燥剤を買ってきて袋にiPhoneXと一緒に入れて吸収させることです。
乾燥剤は多ければ多いほど効果があります。

2つ目はお米に吸収させることです。

乾燥剤と同様に袋に入れて密封すれば水分を吸収してくれることが多いです。



どちらも2,3日かかることが多いので時間をかけて吸収させることが重要です。